長袖と半袖の違いで見え方を変える!

夏が終わり秋も本番に差し掛かってきました。
朝夕もかなり涼しくなってきたこの時期に、長袖と半袖の違いをしっかりと理解した中でコーディネートを行うとよりオシャレにファッションを見せることができます。

日中は半袖でちょうどいい気候ですが、夕方を過ぎると少し肌寒い時期は非常に体温調節が難しいです。
半袖は若々しく、活発なイメージを与え、長袖は大人っぽい落ち着いた雰囲気を演出します。
この基本イメージがとても大切になります。
寒いのに半袖でいる場合は子供っぽく映ってしまうのです。
ですからこの時期は羽織るものを片手に外に出るようにするといいでしょう。
様々な理由が考えられますが、子どもは風の子と言われるように、やはり肌寒い季節に半袖はそれだけで大人っぽさの演出には不向きなのです。
そこで長袖をチョイスすることで大人っぽさを演出できるのです。
また、この時期の長袖はシンプルなものをチョイスするといいでしょう。
トップスとして用いる場合は柄が派手なものでなくても非常に大人っぽくおしゃれに見せることができます。

季節の変わり目だからこそ、半袖を長袖に変えるだけでガラッと大人っぽい印象を与えることができるのです。

衣替えがまだお済みでない方はそろそろ長袖の準備をしておきましょう。
そして大人の落ち着いたオシャレを楽しんでいきましょう。

返信を残す

必須項目には印がついています*